スマートフォン用の表示で見る

レジストリ

1. Windows系OS上の、システムやアプリケーションの設定を記録するデータベースのこと。

アプリケーションやシステムが自動的に設定してくれるが、ユーザーが自分で設定を変更することもできる。

ただし、間違った変更を加えてしまうと、システムに重大な支障をきたす恐れがあるので、上級者以外はレジストリに触れないほうがよい。

『ファイル名を指定して実行』に、"regedit"と入力するとレジストリエディタを起動することができる。

例:『HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run』

このアドレスのキーには、Windowsが起動したときに自動的に立ち上がるアプリケーションやサービスの設定が記録されている。

Windowsが起動した際に発動してシステムに被害をもたらす類の悪質なプログラムワームなど)には、

ここに自動的に起動する設定を組み込んでしまうものもいるので、確認のために覚えておいても損はないはず。


Windows3.1までは設定ファイルに設定などが記録されていたが、これでは設定ファイルだらけになり不便であるということから、Windows95からレジストリが導入された。