レジャー産業

社会

レジャー産業

れじゃーさんぎょう

仕事や毎日の家事以外の時間である余暇を活用した娯楽や行楽に関連した産業。旅行業などの行楽関係や映画館などの娯楽関係の産業の他、外食産業など多岐にわたる。通常、人間が生きていくために最低限必要な生産を行なっている産業(最低限の医療・食物・住居・医療・福祉・インフラライフライン)などの産業)に比較して景気動向に左右されやすい難点がある。

極論、旅行をしなくても生きていけるが、質素でも食べものがなければ命はないなど。

レジャー産業を主な産業と位置づけている地域は経済的に苦しい地域(地域経済が疲弊してしまった、または人間が生きていくために最低限必要な生産を行なっている産業が振るわない地域)が多い。