スマートフォン用の表示で見る

レス・マッキャン

音楽

レス・マッキャン

れすまっきゃん

レス・マッキャン Les McCann

'60年代ゴスペル色濃い作風でジャズ・シーンに登場したピアニストだが、軽音楽風作品やラテン系作品を経て〜

序々にFunky度が高まり、60年代末Atlanticに移籍し発表した『SWISS MOVEMENT』(with Eddie Harris)が大ヒット。

以降Jazz funk/Soul Jazzの中核的存在として活躍した。70年代のJazzのFunky化を最も自然に行えた人かも知れない。

一方、ピアニストでありながら温かく渋い歌唱曲も評価高く、あのロバータ・フラックユージン・マクダニエル

らをシーンに送り出した功績もあり、名実ともに〜70年代の“裏New Soul顔役”とも言われ-R&B派にも評価が高い。

amazon:Les McCann