スマートフォン用の表示で見る

レスパイトケア

社会

レスパイトケア

れすぱいとけあ

乳幼児や障害者高齢者などを在宅でケアしている家族を癒やすために、一時的にケアを代替し、リフレッシュを図ってもらうサービス。

欧米では地域支援サービスの一つとして広く浸透しており、日本では1976年にショートステイとして始まった。

その後、レスパイトケアは介護保険制度において短期入所生活介護・短期入所療養介護として位置づけられたことで現在では全国的に広がりつつある。

児童虐待を防ぐため、育児に疲れた親が一時的に子どもを預けリフレッシュできるようレスパイトケアを実施している自治体もある。