スマートフォン用の表示で見る

レスポンシブWebデザイン

ウェブ

レスポンシブWebデザイン

れすぽんしぶうぇぶでざいん

Webサイトのページデザインを「ブラウザデバイスの種類」で判別するのではなく、「ブラウザデバイスの表示幅」で判別して表示を切り替える手法

スマートフォンタブレット端末の普及により、それぞれのデバイスに対応させたHTMLファイルを用意するのが一般的だったが、レスポンシブWebデザインを活用すれば、1つのHTMLファイルをCSS3で制御して表示を最適化することができる為、管理や制作が非常にしやすいのが特徴。

メリット

など。

デメリット

など。