レッドカード

スポーツ

レッドカード

れっどかーど

スポーツにおいて、一定の反則を犯した選手に対する退場処分などを示すために用いる札。

転じて、即座に「退場を命じ」られるような、極端に不穏当な言動や、そういった行為に対しての指摘を示す比喩的表現。

サッカーなどの場合

  • 一定の反則を犯した選手に対する退場処分を示すために用いる。
  • 主審は当該選手にこのカードを提示し、その選手の番号などを書き込む。

初めてこのルールが適用されたのは、1970年FIFAワールドカップメキシコ大会。

バレーボールの場合

  • 退場処分に当たる選手・スタッフに対して提示。
  • また、警告処分の場合は、イエローカードと併用して提示される。

K-1の場合

  • 当初は減点の対象となる選手に対して提示し、1試合で3枚溜まると失格となった。
  • 2005年のルール改正後は、失格を命じる際に提示される。