レッドブル・エアレース

スポーツ

レッドブル・エアレース

れっどぶるえあれーす

正式名称レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ

2003年にピーター・ベゼネイの提案・レッドブルの協賛により開始された、国際航空連盟公認のアクロバット飛行パイロットによるエアレースのシリーズ戦。

2011年から2013年まで一時休止されていたが、2014年に再開されている。

レッドブルが運営に関わっていることもあってか、『空のF1』と称されることも。

日本からは室屋義秀が2009年からトップカテゴリーにエントリー。

また、2015年度からは千葉市幕張海浜公園にて日本開催が実現している。2016年度の千葉大会において、室屋はエリートクラス初優勝を地元日本で飾るという快挙を達成した。翌2017年度には千葉大会連覇を含む4勝を挙げ、エリートクラスチャンピオンに輝いている。

使用機体

  • エリートクラス:単発プロペラ機・固定脚の機体に限定されているが、機種変更、およびキャノピー形状変更・ウィングレット追加などの小改造は可能。ただし、シリーズ再開後の2014年度からエンジンとプロペラの規格が統一され、これらに関する改造は不可能となっている。2017年現在ではジブコ社製のエッジ540シリーズを使用するパイロットが多い。
  • チャレンジャークラス:エクストラ社製2人乗り曲技練習機300LXによるワンメイク。