レナード効果

サイエンス

レナード効果

れなーどこうか

水滴同士がぶつかって分裂する際に、周囲の空気がマイナスイオン化する現象を指す。

1892年ドイツ物理学者フィリップ・レーナルトによって発表された。(日本ではLenardの英読みからレナード効果と呼ばれる)

滝や噴水など水しぶきの多いところの空気が清々しいのはこの効果によると言われているが、詳細な原理は解明されていない。