レピドゥス

読書

レピドゥス

れぴどぅす

Marcus Aemilius Lepidus

古代ローマ政治家、将軍。

共和制ローマの名門、アエミリウス氏族の出。レピドゥス家も父、祖父とも執政官を務めた名家である*1

早くからカエサルに軍人として仕え、紀元前46年には執政官となり、さらに騎兵長官に任命されている。

カエサル暗殺直後の時点ではローマ近郊の唯一の部隊を握っており、これを率いてアントニウスに味方している。その後、最高神祇官に就任。

紀元前43年にアントニウスオクタウィアヌスとともに第二次三頭政治を開始。帝国三分に際してはアフリカを得た。

が、紀元前36年にシキリアでの不当利得と反乱の疑いをかけられ、失脚。最高神祇官以外のすべての役職を奪われ引退を余儀なくされた。紀元前13年に死去。

*1:同名の父はスッラの死後に民衆派(マリウス派)の残党を率いて反乱を起こすが、ポンペイウスに敗れサルディニアで死亡している