スマートフォン用の表示で見る

レムニスケート

サイエンス

レムニスケート

れむにすけーと

【lemniscate】特定の二点からの距離の積が一定であるような曲線。

特定の二点を(1, 0)と(-1, 0)、距離の積をa2とするレムニスケート方程式は、(x2+y2)2-2(x2-y2)+1-a4=0である。


リスト::数学関連