レメディオス・バロ

一般

レメディオス・バロ

れめでぃおすばろ

1908年スペインカタロニア生まれ。

マグリット美術学校で学んだ後、パリに遊学。

アンドレ・ブルトンシュルレアリストグループに入る。

1941年、詩人バンジャマン・ペレと共に、メキシコ亡命

1955年、グループ展に4作品を出品してデビュー。

1963年、心臓発作で急逝。

代表作は、「星のピューレ」、「婦人服の仕立て屋」、「毛力移動」など。

日本では1999年、東京名古屋神奈川レメディオス・バロ展が開催された。

著作に、「夢魔のレシピ―眠れぬ夜のための断片集」がある。