スマートフォン用の表示で見る

レロン・リー

Leron Lee

70〜80年代のMLBプロ野球選手。

右投右打、ポジションは外野手背番号は5番。

1948年3月4日生まれ。米国カリフォルニア州出身。

グランドユニオン高校から1966年ドラフト7位でセントルイス・カージナルスに入団。

1969年、メジャー昇格。

1971年サンディエゴ・パドレスに移籍。

1974年、クリーブランド・インディアンズに移籍。

1975年ロサンゼルス・ドジャースに移籍。


1977年、来日しロッテオリオンズに入団。

1年目より34本塁打、109打点で本塁打王打点王の二冠を獲得。半期優勝に貢献。

1978年、弟のレオン・リーを呼び、兄弟で打撃陣を形成した。

3番打者として活躍。1980年打率.358で首位打者を獲得。同年、1981年の2年連続半期優勝に貢献した。

その後も指名打者として定着。


1987年、現役引退。

生涯打率.320は日本プロ野球界通算打率1位。*1

オリオンズ史上最高の外国人選手に数えられる。


弟はレオン・リー。甥はデレク・リー

*1:4000打数以上。