スマートフォン用の表示で見る

レンジファインダー

サイエンス

レンジファインダー

れんじふぁいんだー

1. 距離計内蔵ファインダー。カメラのファインダーの種類。

三角測量の原理で被写体との距離を測り、ピントを合わせる。

実際にはファインダー内の二重像を一つに重ねるようにすればピントが合う仕組みになっている。

2. 「レンジファインダー機」「レンジファインダーカメラ」

1.のファインダーを搭載したカメラのこと。シャッターを押した瞬間でもファインダー像が見える、レンズを交換してもファインダー像が暗くならない、一眼レフカメラよりも小型軽量化できるといった利点がある。

機動性を生かした撮り歩きやスナップ撮影に特に向いている。

逆に言えば、レンズに入った像を直接見る構造ではないため、画角によっては視差(ファインダーと実際に撮影される画像の範囲のずれ)が大きくなるという弱点があり、接写や望遠撮影を不得意とする。

携行しやすい大衆機として盛んに作られていた時代もあったが、1980年前後からオートフォーカス機構が一般化するにつれ数が減り、現在ではもっぱら玄人向けの機種が中心になっている。代表的な機種としては、ライカMシリーズなど。

よく調整されたレンジファインダーは、一眼レフ二眼レフ以上に緻密なピント合わせが可能。


関連語 リスト::写真用語