レヴィー・クルピ

スポーツ

レヴィー・クルピ

れう゛ぃーくるぴ

Lévir Culpi

ブラジル出身の元サッカー選手、サッカー指導者。

1953年2月28日生まれ。パラナ州クリチバ出身。

現役時代のポジションはディフェンダーセンターバック)。

ブラジルの名門クラブ、アトレチコ・ミネイロクルゼイロEC等の監督を歴任。2001年にはブラジル代表監督候補に挙げられたことがある。

1997年、2007年〜2011年の2度に渡って、Jリーグセレッソ大阪の監督を務めた。2列目のアタッカーの創造性を生かした攻撃サッカーが信条。2010年シーズンにはリーグ戦3位と躍進し、AFCチャンピオンズリーグ出場を果たした。また香川真司乾貴士を見出すなど若手の育成にも定評がある。

2012年8月、成績不振で解任されたセルジオ・ソアレス監督に代わり、セレッソ大阪監督に復帰した。