スマートフォン用の表示で見る

ローデンバッハ

読書

ローデンバッハ

ろーでんばっは

19世紀末ベルギーの作家。

主著「死都ブリュージュ」。

永井荷風はじめ、外国人には愛されたが、この小説、ベルギー人には嫌われているらしい。

アルファベット表記はgeorge rodenbach。ローデンバックとも読まれている。