ロードス騎士団

社会

ロードス騎士団

ろーどすきしだん

エーゲ海南部にあるロードス島を本拠地として活動した騎士修道会聖ヨハネ騎士団が1309年に東ローマ帝国領であったロードス島を奪いここに本拠地を移したのでこのように呼ばれている。騎士団の構成員は騎士が500人程度。

1312年にテンプル騎士団資産が没収されたとき、かなりの部分が聖ヨハネ騎士団に与えられた。また、中東イスラム教徒と戦う唯一の主要な騎士修道会となったため、西欧から多額の寄進を受けることができた。1444年にはエジプトスルタン、1480年にはオスマン帝国のメフメト2世の襲撃を受けたが、騎士団はこれを撃退した。西欧では久しぶりのオスマンイスラム勢力に対する勝利として騎士団の評判は高まったが、1522年、オスマン帝国のスレイマン大帝が400隻の船団と20万人の兵で来襲した。対する騎士団側は雑兵まで含めて7千人ばかりで、必死の防戦を繰り広げたが衆寡敵せず、ついにロードス島を明け渡してシチリア島に撤退した。