スマートフォン用の表示で見る

ローマ大賞

アート

ローマ大賞

ろーまたいしょう

 フランス革命下の1803年に創設されたフランスの制度。絵画、彫刻、建築、音楽の各分野から毎年1名が選ばれ、ローマ留学の資格を与えたものだった。なお、現在は廃止されている。