Rollei 35 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

アート

ローライ35

ろーらいさんじゅうご

Rollei35

ドイツのフランケ&ハイデッケ社の「ローライ」ブランドで、1967年に最初の製品が発売された、35mmフィルムコンパクトカメラ

発売時定価6万9000円。設計者ハインツ・ヴァースケ(Heinz Waaske)。

当時全盛を誇ったハーフ版カメラを凌駕する小ささでありながら35mm版フルサイズでの撮影が可能で、業界に衝撃を与えた。

小型化のためレンズを沈胴式にしたり、操作ダイヤルを前面に配置したりといった工夫がなされており、それがデザイン上の大きな特徴となっている。

カールツァイスのレンズ*1、ゴッセンの露出計、デッケルのシャッターを積むなど手抜きのない作りで、高級コンパクトカメラの元祖とも称される。

違うレンズを積んだ機種や廉価版など、全部で9機種が発売された。またゴールド、プラチナ仕上げの限定モデルも存在する。

主な仕様(初代ローライ35)*2

  • 形式:35mm版レンズシャッターカメラ
  • レンズ:Carl Zeiss Tessar 40mm F3.5
  • シャッター形式:デッケル製コンパー(特殊型)
  • シャッター速度:B,1/2〜1/500
  • 撮影距離:0.9m〜∞
  • ファインダー:逆ガリレオ式ファインダー
  • 合焦方式:前玉繰り出し目測式
  • 露出制御:マニュアル露出・ゴッセン製追針式露出計搭載
  • 露出連動範囲:EV5〜EV18
  • 大きさ:幅99mm×高さ68mm×奥行き38mm(沈胴時)
  • 重量:325g


シリーズ一覧

Rollei35Carl Zeiss Tessar 40mm F3.5 or Schnaider Xenar 40mm F3.5
シリーズ初代機
Rollei35SRollei HFT Sonnar 40mm F2.8
テッサーのかわりにゾナー40mmF2.8を積んだ機種。初代と並んで人気が高い。
Rollei35TCarl Zeiss Tessar 40mm F3.5 or Tessar 40mm F3.5 Made by Rollei
内容は初代と同じ。Sと区別するため末尾にTが付いた。
RolleiB35Carl Zeiss Triotar 40mm F3.5 or Triotar 40mm F3.5 Made by Rollei
トリオター40mmF3.5を積みスローシャッターを省略した廉価版。セレン露出計付き。
RolleiC35Triotar 40mm F3.5 Made by Rollei
B35から露出計を省いた機種。市場では希少な機種。
Rollei35TETessar 40mm F3.5 Made by Rollei
Tの改良版。露出計をLED式に変更。使用する電池も変更された。
Rollei35SERollei HFT Sonnar 40mm F2.8
同じくSの改良版。
Rollei35LEDTriotar 40mm F3.5 Made by Rollei
B35の露出計をLED式にした機種。
Rollei35ClassicRollei HFT Sonnar 40mm F2.8
1990年に出た復刻版。Sを踏襲しているが、ホットシューの位置が上部に移るなどの改良が加えられている。

特記事項

発売から相当の年月が経っているが、その独特なデザイン、抜群の描写力の虜になっている愛好家は今でも多い。ユニークな操作系もこの写真機の楽しさの一つだが、シャッターをチャージした状態でないと沈胴できない仕様なので注意されたし*3。シリーズ全部で4種類のレンズがある。一つ買うと他のレンズが気になって、また別の機種に手を出す方も多いらしい。

ローライが2002年に出したレンジファインダー機Rollei35RFは、コシナフォクトレンダーのBESSA R2を元にした全くの別物だが、当初は距離計付きのローライ35として計画が進められていたらしい。

*1:後の機種ではローライライセンス生産している。Made by Rolleiの刻印があるレンズが該当

*2:同じ初代でもドイツ製前期・ドイツ製後期・シンガポール製の三つがある。基本性能は全く同じだが、使用している部品、銘やロゴ、ファインダー倍率が若干異なっている。テッサーのかわりにシュナイダー製クセナーレンズを積んだものもある。

*3:無理に沈胴させようとすると写真機を破壊する。絞りダイヤルのロック機構も要注意。

ローライ35
目次