スマートフォン用の表示で見る

ロールプレイングゲーム

ゲーム

ロールプレイングゲーム

ろーるぷれいんぐげーむ

ゲームジャンルの一つ。英語では"role playing game"で、「役割を演じるゲーム」の意。

略称は「RPG」(時折「RPGゲーム」という誤用がみられる)。コンピュータゲームでは「ロープレ」などと略されることもある。

テーブルゲーム

 元々人間一人を1ユニットとして扱うウォーゲームから派生したもので、プレイヤー一人一人が自分の演じるキャラクターを作り、ゲームマスターなどと呼ばれる進行役兼審判との対話によりストーリーを作っていくゲーム。日本では、1980年代後半から、後述のコンピューターのRPGと区別するために「テーブルトークRPG」(TRPG)と呼ぶようになった。

テーブルトークRPG

コンピューターゲーム

 1980年代に入り、海外でTRPGのストーリーをコンピューターで遊べるようにしたゲームが登場するようになった。「ウィザードリィ」「ウルティマ」「Rogue」などがコンピュータRPGの草分けとされる。

 日本では「ドラゴンクエスト」1作目の大ヒットでジャンルが確立された。「ドラゴンクエスト」シリーズや「ファイナルファンタジー」シリーズ等が有名。


その他

TRPG」は株式会社ホビージャパン商標登録。「ロープレゲーム」はセガ商標登録。「RPG」はバンダイ登録商標だった。