ロイ・エアーズ

音楽

ロイ・エアーズ

ろいえあーず

Roy Ayers

ジャズファンクを代表するヴィブラフォン奏者。70年代の作品にまず間違いはない。ファンキーでポップなんだけど、どこか洗練しきれないサウンドが魅力。プロデュースワークも多くこなしており、有名どころではシルヴィア・ストリップリン"Give Me Your Love"などがある。また、フェラ・クティとのコラボレートも特筆事項か。