後方に噴出する物質の反作用で前進する推進機関。

化学反応により生じる高速なガス流を利用する化学ロケットが一般的で、燃料の種類により固体燃料ロケットと液体燃料ロケットに分類される。


ジェットエンジンロケットの一種と捉えることができるが、一般には大気圏内での使用を想定し酸素を外部供給に頼るものをジェット、内部に酸化剤を保持し無酸素状態でも使用可能なものをロケットと呼ぶ。