ロコモティブシンドローム からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

概要

主に加齢によって生じる運動器の疾患または機能不全。運動器の機能障害のために移動能力が低下した状態であり、立ったり歩いたりなどの日常の基本的な動作が困難になり、要介護や寝たきりになった状態、あるいはそうなるリスクの高い状態を指す。

「メタボ」や「認知症」と並び、「健康寿命の短縮」「ねたきりや要介護状態」の3大要因のひとつ。日本整形外科学会が2007年に提唱。近年小中学生にも「子供ロコモ症候群」と呼べる症状が報告されている*1