スマートフォン用の表示で見る

ロシア帝国

社会

ロシア帝国

ろしあていこく

Rossiyskaya Imperiya(露)

帝政ロシアとも。ツァー(ツァーリ)の治める帝国。

形式的には東ローマ帝国の後裔を主張する「第三のローマ」。

いわゆる多民族支配国家としての「帝国」であれば、前身のモスクワ大公国の時代から適用しても問題ない。

厳密を期すなら、1547年に即位したイワン雷帝がツァーリを称してからか(先祖のイヴァン3世が最後のビザンツ皇帝の姪と結婚していたこを理由に東ローマ皇帝の後継を主張)、あるいはピョートル大帝大北方戦争(1700年 - 1721年)に勝利した1721年にインペラトールを宣言し、公式に国号を『ロシア帝国』に変えた時、の2種の時期に分けられる。が、日本の高校教科書ではイワン雷帝がツァーリを称してから帝政の終わる1917年までを一体としてか、ロマノフ王朝時代(1613年−1917年)を「ロシア帝国」と記述されているところが多い。

1917年二月革命ユリウス暦グレゴリウス暦を採用する国では三月革命とも)で、最後の皇帝ニコライ二世が退位するまで続いた。