ロジャー・クレメンス

スポーツ

ロジャー・クレメンス

ろじゃーくれめんす

Roger Clemens

MLB選手。通称「ロケット」。

サイ・ヤング賞(最優秀投手賞)を史上最多の7度も獲得したメジャーを代表する豪腕投手。150キロ以上の速球が武器。

1962年8月4日生まれ。

1984年5月5日、ボストン・レッドソックスメジャーリーグにデビュー。1986年には24勝を挙げ、ワールド・シリーズ進出に貢献したがシリーズ制覇はできず。

1996年オフ、ワールドシリーズ出場の可能性を求めて、トロント・ブルージェイズへ移籍した。2年連続20勝をあげる活躍を見せたが、皮肉なことにチーム成績は芳しくなく、プレーオフ進出もままならなかった。

1998年オフ、ニューヨーク・ヤンキースへ移籍し、クレメンスを愛していたボストン野球ファンの激しい怒りを買った。1999年、念願のワールドチャンピオンに輝くことができた。

2003年、通算300勝を達成。引退表明をしていたが、シーズンオフに撤回し故郷テキサスヒューストン・アストロズと契約した。そして2004年歴代最多(7度目)、最年長(42歳)、最多球団(4球団)でのサイ・ヤング賞受賞を達成した。

2005年オフ、FAとなった。

2006年のワールド・ベースボール・クラシックを最後に現役引退を示唆したが、一転アストロズマイナー契約し現役続行。

2007年、ヤンキースマイナー契約として復帰。


長男であるコービー・クレメンスは現在アストロズ1Aの三塁手