スマートフォン用の表示で見る

ロジャー・パルバース

読書

ロジャー・パルバース

ろじゃーぱるばーす

(Roger Pulvers, 1944年 - )

米国出身のオーストラリアの作家、劇作家演出家。

来歴

ニューヨーク市ロシアあるいはポーランド系ユダヤ人の家庭に生まれる。カリフォルニア大学ロサンジェルス校(UCLA)を卒業後、ハーヴァード大学大学院政治学研究科修士号を取得。豊富なソ連旅行の経験を活かして、ロシア学を研究した。ベトナム戦争への反撥から米国を離れ、ワルシャワ大学とパリ大学に留学後、1967年に初来日。京都に居を定め、京都産業大学ロシア語ポーランド語の講師を務めた。

1972年キャンベラオーストラリア国立大学に赴任し、日本語や日本文学を講義。1976年、オーストラリア国籍を取得。井上ひさしの作品に惚れ込んで、彼をオーストラリア国立大学客員教授として招致するよう運動。後に井上の作品の英訳も行った。

1982年と2000年に、アデレード・フェスティヴァルで数々の重要な芝居を演出。このほか、メルボルンキャンベラ東京でも演出活動をおこなっている。また、映画やラジオの脚本も執筆しているほか、マイケル・ナイマンとの共作で歌も書いている。

1982年、映画『戦場のメリークリスマス』で助監督を務めた後、再び来日し、演劇活動をおこなう。長篇小説や短篇集、戯曲随筆集、翻訳などにわたり、日本語と英語で25冊の著書がある。このほか、自伝“The Unmaking of an American”(アメリカ人非製造法)も書いている。

2008年、第18回宮沢賢治賞?受賞。

2013年まで、東京工業大学教授、世界文明センター長。同年、「雨ニモマケズ」の翻訳で第19回野間文芸翻訳賞受賞。