ロス・ブラウン

Ross Brawn

メルセデスGPペトロナス・フォーミュワン・チームのチーム代表。

1954年、イギリスマンチェスター生まれ。

ベネトンのスタッフで、ミハエル・シューマッハと行動を共にしているかのようにフェラーリに移籍した。

ミハエルの陰に隠れて見えないが、彼の快進撃を作戦面で支えていることは間違いない。

1976年、ウィリアムズに加入しカーデザインについて学び、

1987年アロウズのチーフデザイナーに。

1990年スポーツカー世界選手権などに参戦していたTWR(トム・ウォーキンショー・レーシング)に移籍。

1991年ベネトンのテクニカルディレクターとしてF1復帰。

1996年、フェラーリ移籍。ミハエル・シューマッハジャン・トッドロリー・バーンらと共に、名門の復活に貢献した。

2006年、シーズン終了後に1年間の長期休暇を取りフェラーリから離脱。

2007年、Honda Racing F1 Teamのチーム代表に就任。

2009年、3月6日に2008年に撤退したHonda Racing F1 TeamMBOという形で、ブラウンGP・F1チーム設立を発表。

同年、11月16日にブラウンGPからダイムラー株式の45.1%、ダイムラー株主のアーバー・インベストメンツが30%を買収して、メルセデス・グランプリに為った物の引き続きチーム代表を務める事になる。