スマートフォン用の表示で見る

ロス疑惑

一般

ロス疑惑

ろすぎわく

1981-82年にアメリカロサンゼルスで起こった日本人銃殺・傷害事件の通称。


殴打事件

1981年8月31日、輸入雑貨会社を経営する三浦和義の妻・一美がロサンゼルス市内のホテル室内で日本人女性に殴打された。

この事件では、実行犯とされた女性と三浦和義が殺人未遂容疑で逮捕・起訴され、いずれも有罪判決が確定した。


銃殺事件

1981年11月18日、三浦和義・一美夫妻がロサンゼルス市内の駐車場で2人組の男に銃撃され、和義は足に軽傷を負い、一美は頭部に被弾して植物状態となり、翌年11月30日に移送された日本の病院で死亡した。この事件により三浦和義は保険金1億5千万円を受け取ったとされる。

この事件では、殺人容疑で三浦和義と実行犯とされた元駐車場経営者の男性が日本の当局に逮捕・起訴されたが、いずれも2003年までに無罪判決が確定している。

しかし、2008年2月22日、三浦和義は滞在中のアメリカ自治領サイパンにおいて現地の警察当局にこの銃殺事件に関与したとして逮捕された。


マスコミ報道と名誉毀損訴訟

1984年週刊文春における「疑惑の銃弾」という連載以降、一連の「ロス疑惑」についての報道が過熱し、三浦和義マスコミから犯人視され、プライバシーを暴く報道も数多くなされた。

このような報道に関して、三浦は名誉毀損を理由として報道機関を相手取って非常に多くの訴訟を提起した。その多くで三浦の訴えが認められ、マスコミ報道のあり方に大きな影響を与えた。