ロナウド・ルイス・ナザーリオ・ジ・リマ

スポーツ

ロナウド・ルイス・ナザーリオ・ジ・リマ

ろなうどるいすなざーりおじりま

Ronaldo Luis Nazario de Lima

サッカー選手。ポジションはFW

現在、日本ではサッカー選手で「ロナウド」というと、大抵彼を指すことが多い。

ブラジル代表の一員として2002年FIFAワールドカップ得点王を獲得し、セレソンの優勝に貢献。体調不良により不本意な結果となった1998年大会の借りを返した。

2006年ワールドカップドイツ大会のグループリーグ第3試合(対日本戦)で、これまでゲルト・ミュラーが持っていたワールドカップ通算最多得点記録(14得点)に並ぶ。

その後、決勝トーナメント1回戦のガーナ戦でゴールを決め、通算得点記録を更新した。