スマートフォン用の表示で見る

ロバート・パーマー

音楽

ロバート・パーマー

ろばーとぱーまー

Robert Palmer

1949年1月19日生まれ。


70年代のイギリスソウルミュージックを流行らせるきっかけとなったのがパーマーの1stアルバム『Sneakin' Sally Through The Alley』。

『Every Kinda People』『Bad Case Of Loving You』などの中ヒットを生むが、一気にブレイクしたのはシックやデュラン・デュランのメンバーと結成したThe Power Station以降で、ソロでもアルバム『Riptide』、シングル『Addicted To Love』を大ヒットさせ、スターダムに上った。

音楽的にはR&B、R&R、テクノポップファンク、スタンダードまで幅広く、ブルー・アイド・ソウル的なヴォーカルのみならずサウンド・クリエーターとしての評価も高い。

2003年9月26日早朝、短期休暇で訪れたフランス、パリのホテルで、心臓発作で死去。享年54歳。

自宅のあるスイスに埋葬されたもよう。