ロバート・ムガベ

社会

ロバート・ムガベ

ろばーとむがべ

Robert Gabriel Mugabe

ロバート・ガブリエル・ムガベは、ジンバブエの黒人の政治家ジンバブエアフリカ民族同盟愛国戦線(ZANU-PF)所属。

1924年2月21日生まれ。旧ソールズベリー(現在のハラレ)出身。フォート・ハラレ大学卒業。

師範学校などに勤務しながら反植民地闘争で活躍。マルクス主義にも傾倒していた。

1980年ジンバブエ共和国首相に就任し、1987年から大統領となっている。非情に強い反白人の思想を持ち、国内の白人が所有していた農地を強引に国有化している。

ジンバブエ初代首相1980年4月18日 – 1987年12月31日)、ジンバブエ第2代大統領1987年12月31日 – 2017年11月21日)を歴任