スマートフォン用の表示で見る

ロバート・ラウシェンバーグ

アート

ロバート・ラウシェンバーグ

ろばーとらうしぇんばーぐ

Robert Rauschenberg(1925年10月22日−2008年5月12日)

アメリカ現代美術作家。

テキサス州ポート・アーサー生まれ。

絵画と現実の物体を組み合わせたコンバイン・ペインティングや、シルクスクリーンコラージュを用いた作品で知られる。

ノース・カロライナのブラック・マウンテン・カレッジに学び、作曲家ジョン・ケージらと親交を深める。1951年に初個展、55年からジャスパー・ジョーンズと同じ建物にアトリエを構える。この頃から芸術と生活とを橋渡しすることを目指し、抽象表現主義的な画面に日用品を貼付けるコンバイン・ペインティングを試みる。

1964年ヴェネチア・ビエンナーレで最優秀賞を受賞。

2008年、フロリダ州の自宅にて心不全のため死去。

このキーワード編集待ちキーワードです。 説明文の追記などをして下さるユーザーを求めています。(解説文が他サイトからの転載であるというご指摘をコメント欄にいただき、当該サイトへのリンクに変更してあります)