スマートフォン用の表示で見る

ロバストネス分析

コンピュータ

ロバストネス分析

ろばすとねすぶんせき

ユースケースから必要なオブジェクトを抽出・識別するのに大変便利な分析方法のこと。

元はJacobsonのObjectory法の一部。ICONIXプロセスにおいて「what」から「how」に関連付ける役割を持つ。

ロバストネス分析の結果としてロバストネス図ができる。

Seasarフレームワークを使う場合の設計(ダイコン時代の設計手法)において使われて、一躍大ブレイク!?