スマートフォン用の表示で見る

ロヒンギャ族

一般

ロヒンギャ族

ろひんぎゃぞく

Rohingya

主にミャンマー西部のアラカン州に居住している少数民族。多くがイスラム教信仰している。ミャンマー仏教国であるため、同国軍事政権ロヒンギャ族を自国民とみなさず迫害を加えているとされる。1982年市民権法を改変し無国籍とされたたため、ミャンマーで生まれても教育を受ける権利も移動の自由もない。そうした迫害から逃げるために脱出を図る難民が続出している。