ロベール・アンテルム

読書

ロベール・アンテルム

ろべーるあんてるむ

Robert Antelme 1917-1990

フランスの作家。

■年譜

1917年、南コルシカ、サルテーヌ生まれ。バカロレア取得後、パリ大学法学部に入学し、そこで

マルグリット・デュラスと出会う。

1939年、デュラスと結婚。

1940-44年、内務省情報局文書係補佐として働く。

1943年、デュラスとともにレジスタンス組織MNPDG(戦争捕虜救出国民運動)に入る。

当時の組織長のひとりはフランソワ・モルラン(後の大統領フランソワ・ミッテラン)。

1944年6月1日、コルシカに行っていた両親のアパルトマンで、妹、他のレジスタンらとともにゲシュタポに踏み込まれ、逮捕される。ミッテランとデュラスは間一髪で難を逃れた。

マリー・ルイーズは、女性用のラーフェンスブリュック強制収容所に収容され、殺害される。

ロベールは、コンピエーニュ政治犯収容所を経て、1944年ブーヘンヴァルト強制収容所に護送される。

その後、ダッハウ収容所から、半ば非合法的な手段で、ミッテランらの尽力により、奇跡的に生還する。

1946-47年「人間という種」L'Espece humaine出版。

1946年フランス共産党入党。

1950年ソヴィエトラーゲリを巡る問題で、共産党除名。

1951-1981年、ガリマール社で勤務。レーモン・クノー監修プレイアッド版百科事典を担当。

1985年、デュラス「苦悩」発表。

1990年、没。

邦訳「人類」宇京頼三訳、未来社1993