ロベルト・カルロス

スポーツ

ロベルト・カルロス

ろべるとかるろす

Roberto Carlos da Silva

ブラジルの元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはディフェンダー(左サイドバック)、ミッドフィルダー(左ウイングバック)。

1973年4月10日生まれ。サンパウロ州出身。身長168cm、体重70kg。

経歴・プレースタイルなど

体格は小柄だが、豊富な運動量と爆発的なスピードを生かして左サイドを駆け上がる超攻撃的左サイドバック。ドリブルやパス、クロスも世界屈指のレベル。独特の長い助走から「悪魔の左足」と評される左足で放たれる強烈なフリーキックは余りにも有名。1997年フランス戦(W杯のプレ大会)で決めたフリーキックは、現在でも語り草となっている。ゴール前約35mからのフリーキックで、長い助走から左足で強烈なシュートを放ち、壁の右側を抜けてから急激に左方向に曲がって相手ゴールに突き刺さるというもので、名手のファビアン・バルテズも見送るしかなかった。

ブラジル代表としては1992年にA代表デビュー。1994年FIFAワールドカップ後にレギュラーに定着。U-23ブラジル代表として出場した1996年アトランタオリンピックでは銅メダルを獲得した(グループリーグ初戦で日本に敗れた=マイアミの奇跡)。W杯には1998年・2002年・2006年の3大会に出場し、2002年W杯ではブラジルの5度目の優勝に貢献した。2006年W杯を最後に代表引退。代表通算125試合出場、11得点を記録した。

リーガ・エスパニョーラの名門であるレアル・マドリードには11年間在籍、ラウル・ゴンサレスジネディーヌ・ジダンデビッド・ベッカムらと共に「銀河系軍団」と称されるスター軍団の一員として活躍し、4度のリーグ優勝や3度のUEFAチャンピオンズリーグ優勝に貢献した。

2007年にレアル・マドリードを退団した後は、フェネルバフチェコリンチャンスFCアンジ・マハチカラに在籍した。2012年8月1日、現役引退を表明した。

日本でだけ通用するロベカルという愛称は、ジョン・カビラさんが名付け親らしい。ちなみに本人は日本でこう呼ばれていることを知っているらしい。


リスト::サッカー選手