スマートフォン用の表示で見る

ロベルト・デュラン

スポーツ

ロベルト・デュラン

ろべるとでゅらん

Roberto Duran

プロボクサー。通称「石の拳?」。

1951年6月16日生まれ、パナマ・エンチョリーヨ出身。

1968年プロデビュー。

エルネスト・マルセル?小林弘をKOで下すなど勝利を重ね、1972年6月、無敗のままケン・ブキャナン?が持つWBAライト級王座に挑戦。13回*1KOで王座奪還。

その後も鈴木石松(現ガッツ石松)、レイ・ランプキン?らを相手に、10連続KOを含む11度の防衛を達成。

1978年1月、WBC王者エステバン・デ・ヘスス?とのタイトル統一戦に挑む。因縁の相手とのラバーマッチだったが、12回KOでタイトル統一。

1970年代のライト級戦線において最強を誇った。

ライト級タイトルを返上し、1980年6月、2階級上のウェルター級王者シュガー・レイ・レナードに挑戦。激闘の末、スプリットデシジョン2階級制覇を達成。

しかし、5ヵ月後の再戦ではレナードが8回に突然の試合放棄。この試合は「ノー・マス事件」として知られるようになる。

1982年1月、ウィルフレド・ベニテス?が持つWBCスーパーウェルター級王座に挑むも判定負け。

1983年6月、デビー・ムーア?が持つWBAスーパーウェルター級王座に挑み、8回TKO勝ちで史上7人目の3階級制覇を果たす。

同年11月、ミドル級王者マービン・ハグラー?に挑むが、判定負け。

1984年6月、WBCスーパーウェルター級王者トーマス・ハーンズ?と対戦。初回にいきなり2度のダウンを奪われ、2回KO負け。この試合は後に「ラスベガス恐怖の一撃」と名づられた。

1989年2月、アイラン・バークレー?が持つWBC世界ミドル級王座に挑む。スプリットデシジョンで4階級制覇。

同年12月、レナードとの再戦で判定負け。

1998年8月、47歳にしてウィリアム・ジョッピー?の持つWBAミドル級王座に挑戦するが、3回TKO負け。

その後もリングに上がり続けたが、交通事故による重傷のため、50歳を超えて引退。

戦績120戦104勝69KO16敗

船木誠勝異種格闘技戦も行った。

2006年12月7日、「国際ボクシング名誉の殿堂博物館」に名誉の殿堂入りを果たした。





* リスト::ボクサー

*1:当時の世界戦は15R