ロベルト・バルボン

スポーツ

ロベルト・バルボン

ろべるとばるぼん

プロ野球阪急ブレーブスの選手。

愛称「チコ・バルボン」。

右投右打、ポジションは二塁手背番号は8→4→14番

1933年3月13日生まれ。右投右打。キューバ出身。

1955年、来日し阪急ブレーブスに入団。

俊足を武器に1番打者として活躍。1958年から3年連続で盗塁王を獲得。

1960年代ブレーブスを支えた。

1965年近鉄バファローズに移籍。

同年、現役引退

在籍中に関西弁を覚え、キューバ革命が起こったこともあり、日本に永住。

1971年阪急ブレーブスのコーチに就任。

1975年ロベルト・マルカーノの入団時にスペイン語通訳として、復帰。

以後、バーニー・ウィリアムスブーマー・ウェルズなど優良外国人選手を呼び寄せる。

1970年代のブレーブス黄金時代を支えた。

阪急ブレーブスからオリックス・ブルーウェーブを通して、球団職員として長い間働いた。


現在はオリックス・バファローズ野球教室校長。

ブレーブス史上最高の外国人選手に数えられる。


リスト::野球選手