スマートフォン用の表示で見る

ロベルト本郷

マンガ

ロベルト本郷

ろべるとほんごう

漫画「キャプテン翼」に登場する人物。日系ブラジル人の元サッカー選手。大空家に居候し、「キャプテン翼」の主人公・大空翼を育てた。

現役時代はブラジル代表で10番をつけるほどの活躍を見せていたが、代表メンバーを外れてからは視力が急激に落ち、途方に暮れる。ある日港で落胆していた時に、たまたま寄港していた大空船長と出会い、ロベルトも乗船し日本へ帰国した。

帰国当初は酔いどれついでにオーバーヘッドキックをやってのけたりもしたが、南葛SCなど小学生の指導はできても、滞在先の病院で網膜剥離と診断され、サッカー選手生命を日本で断つこととなった。サッカー小僧として成長著しい翼にこれ以上ついてやれることはできないと悟った。

最初は翼をブラジルにつれて行きプロのサッカー選手に育てるつもりで、翼が全国制覇の暁にはブラジル行きを約束していた。しかし、病魔は予想以上に手ごわく、もはやサッカーをやれるような体ではなかった。南葛の全国制覇を静かに見届けた後、成田国際空港から一路ブラジル帰国した。