ロマン・アブラモビッチ

一般

ロマン・アブラモビッチ

ろまんあぶらもびっち

ロマン・アルカディエビッチ・アブラモービッチ1966年〜)

下院議員

「シブネフチ」(92%)*1や「アエロフロート」などの大株主であり、75%のシェアを誇るアルミ最大手ルースキーアルミニウムの実権も握る。またムリティトランス、Oillmpex、Branko、Sibreal、Forneft、Servet、ペトロル トランス、ツェントリオンMを持つ。さらにヴェコル−A、ステンス、アクシアップ、ラティス、シャト、ソルビ、フォス テル、Rifine Oilシシマレヴ、メコング、エリータ、P・K トランス、アグロフェルトらの会社には共同設立者として、経営に参加しているなど石油・鉄鋼・その他様々な分野の企業を支配。

エリツィン一家の金庫番とされていた。

チュコチ自治管区知事

1966年10月24日:サラトフ市生まれ

1995年:ベレゾフスキー氏からシブネフチ?の経営を任される.

1999年12月:下院選挙でチュコチから出馬し当選。

2000年12月:選挙で勝利しチュコチ自治管区知事に就任.

2001年2月:ロシア共テレビ(ORT)株49%を買収。

2003年:英国サッカープレミアシップチェルシー株(英名門サッカーチーム「チェルシー」)50.09%を約6000万ポンド(1億米ドル=119億円)でを買収した。それまでは自分の名前は極力出ないようにし、海外のオフショア・センターなど使った複雑なスキームを多用して資産を膨らませていったといわれる。そういう意味でも極めてロシア的な「ニュー・リッチ」を代表する存在である。

関連:アブラモビッチアブラモヴィッチチェルシーチェルシーFC

*1:シブネフチは石油最大手ユコス合併し氏は新会社ユコス-シブネフチ株26%を取得する予定