ロマン ギャリ からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

読書

ロマン・ガリー

ろまんがりー

Roman Garyペンネーム。本名はRoman Kacew。

ペンネームエミール・アジャール

1914年5月8日:ソ連リトアニア生まれる。母はNina Owczynskaで婦人用帽子屋、父Leonid Kacewは毛皮商だった。

1915年:父がロシア赤軍に徴集される。この間ロマンは母とともにバルト地方のユダヤ人として収容所に入れられる。母はドイツ軍スパイの嫌疑を受ける。

1921 - 1927年:1920年ロシアポーランド戦争の帰結として生地Wilno (Vilnius)はポーランド領になる。1921年にロマンはウィルノに帰り1927年までここで生活する。

1927年:母とともにフランスニースへ移住。このとき13歳。ニースで高校を卒業後エクスアンプロヴァンス大学法学部入学、パリの法学部へ転校して、ここで法学博士号を得る。

1935年:フランス国籍を取り、空軍に志願する。

1937年:最初の小説“le Vin des morts”を本名で発表。

1940年:ロマンは“France libre”(「自由フランスヴィシー政権に反抗する組織)に参加、この中の空軍組織で活動する。このときに戦闘名としてRomain Garyを名乗る。Garyはロシア語で「燃えた」を意味する。1945年にフランス解放戦士の称号を受ける。さらにレジオンドヌール3等勲章受勲者として終戦を迎える。

1945年外務省に入りブルガリア、ベルン、ニューヨーク、ラパズなどを経験する。この年に"Education européenne"(ヨーロッパ風教育)をロマン・ガリーの名前で発表し、批評家賞(le prix des Critiques)を受ける。

1956年:"Les Racines du ciel"(空の根)でゴンクール賞を受ける。ロサンジェルスのフランス総領事に任命される。

1961 - 1967年:外務省を離れる。作品を発表し続ける:"Gloire à nos illustres pionniers" (1962), "Lady L." (1963), "La danse de Gengis Cohn" (1967), "Chien blanc" (1970)、 "Clair de femme" (1977)

1962年:アメリカ人女優Jean Sebergと再婚。1970年には離婚。最初の結婚は作家Lesley Blanchと。

1968年:映画"LES OISEAUX VONT MOURIR AU PEROU"を作る。

1972年:映画"殺し"を作る。

1974年:Emile Ajarの名前で"Gros câlin"を発表する。表向きには、若い従弟 Paul Pavlovitch が作家の役を演じる。"Ajar"はロシア語で「燠火」を意味する。

1975年:"Emile Ajar"作"La Vie devant soi"がゴンクール賞を受賞する。この作品はベストセラーとなり、23ヶ国語に翻訳される。ロマン・ガリー弁護士ゴンクール賞は同じ作家に二度与えられないという規則があることから、受賞の辞退をするよう勧める。しかし従弟 Paul Pavlovitch は最後まで劇を演じることを主張して授賞式に出かける。

1979年:Emile Ajar名の最後の作品 "L'Angoisse du roi Salomon"が発表される。

1980年ロマン・ガリー名での最後の作品"Les cerfs volants"を発表。

1980年:12月2日にパリで拳銃自殺する。

1981年:6月30日にAFP (Agence France Presse)はEmile Ajarがロマン・ガリーであったことを発表する。

ロマンの文学的遺書である、1979年3月21日付けの"Vie et mort d'Emile Ajar"(エミール・アジャールの生と死)が発表される。ここでロマンは「よく遊べた。さよなら、ありがとう」と書いている。