スマートフォン用の表示で見る

ロマン・ヤコブソン

読書

ロマン・ヤコブソン

ろまんやこぶそん

ロシア・フォルマリズム言語学者。1896〜1982.(ヤーコブソンとも)

N・S・トルベツコイと共に音韻論を始動、若き日のクロード・レヴィ=ストロースノーム・チョムスキーを教育する。

後に脳生理の解剖学で実証される失語症研究の走りもこのヤコブソンであった。

(1).心情的、(2).間接的、(3).詩的、(4).交話的、(5).メタ言語的、(6).動態的、――の、言語の六機能体系を1960年に発表した。

言語学だけでなく科学領域への関心も高かったという。

童話研究にも通じており、岩波文庫ロシア民話はこのヤコブソンも編集に関わり、序文を書いている。