スマートフォン用の表示で見る

ロメインレタス

ロメインレタス

ろめいんれたす

Romaine lettuce

ローマ時代に多く利用されていたことから、ロメイン(ローマの)と呼ばれている。

また、エーゲ海のコス島で栽培されていたので、コスレタスとも。

イタリア料理に広く用いられる。

レタスに比べて、ビタミンC、β-カロチン、ポリフェノールなども多く、栄養価の面でも評価が高い。