ロン・サント

Ronald Edward Santo

60〜70年代のMLB選手。

右投右打、ポジションは三塁手背番号は10番。


1940年2月25日生まれ。米国ワシントン州出身。

1959年ドラフト外シカゴ・カブスに入団。

1960年、メジャー昇格。

三塁手の定位置を獲得し、強打者として活躍。13年連続で2桁本塁打を記録。

また、華麗な守備で鳴らし、アーニー・バンクスビリー・ウィリアムズらと共に、1960年代から1970年代のカブスを支えた。


1974年、シカゴ・ホワイトソックスに移籍。

同年、現役引退。

オールスターゲームに9回出場。


引退後は持病である糖尿病の治療に専念。

2001年には右足を、2002年には左足を切断した。

現在は、シカゴカブス専属コメンテーターとして活躍中。


2003年、背番号10番がカブス永久欠番となる。*1

*1:1974年以降、10番を着用した者は存在せず準永久欠番となっていた。