ロン・チェイニー

映画

ロン・チェイニー

ろんちぇいにー

Lon Chaney

 アメリカ映画俳優。ロン・チャニーとも表記される。

 1883年4月1日、コロラド州コロラド・スプリングス出身。1930年8月26日没。

 「千の顔を持つ男(MAN OF A THOUSAND FACES)」と称された、サイレント映画時代の伝説的な名優。

 両親が聾唖者だったことから、幼くしてパントマイムを覚えたといわれる。演劇活動を経て1912年に映画界入り。トッド・ブラウニング監督作のエキストラを経て、メイクアップや扮装研究に没頭し、ボリス・カーロフベラ・ルゴシと並ぶ戦前のホラー映画の代表的スターとなった。

 息子のロン・チェイニー・ジュニアも1940年代に怪奇スターとして活躍した。

主な映画出演作:

仮面の人 (1919)

宝島 (1920)

法の外(1921)

オリバー・トウィスト (1922)

ノートルダムのせむし男 (1923)

殴られる彼奴(あいつ)(1924)

魔人 (1925)

三人(1925)

オペラの怪人 (1925)

マンダレイへの道 (1926)

ミスター・ウー (1927)

知られぬ人 (1927)

ザンジバーの西(1928)