ロングショート

社会

ロングショート

ろんぐしょーと

long-short

買い持ち(ロング)と売り持ち(ショート)を組み合わせる投資手法。株式投資が主だが、債券ロングショートなどの例も少なくない。ヘッジファンドの代表的な手法の一つ。大きくはレラティブバリュー(相対価値戦略)に含まれる。

大きく分けると値上がりしそうな銘柄と値下がりしそうな銘柄を組み合わせるペアトレードと、通常のポートフォリオに対して先物などで売りヘッジをかけるエクイティ・ヘッジがある。市場ベータを全く消してしまい銘柄の固有リスクのみをとる手法はマーケットニュートラル(市場中立)と呼ぶ。

銘柄選択に自信のあるマネージャーがベンチマークへのトラッキングのために組み入れた銘柄でファンドリターンが低下することを避けるために始まったとされる。そのためジャッジメンタル運用が多い。対照的にマーケットニュートラルは、クォンツによるベータコントロールの発展形であり、クォンツが主流となっている。

買収企業と被買収企業など企業イベントに絡んだ銘柄の組合せによるサヤ取りはイベントドリブンとして別の戦略と考えられている。