スマートフォン用の表示で見る

ワールドグランドチャンピオンズカップ

スポーツ

ワールドグランドチャンピオンズカップ

わーるどぐらんどちゃんぴおんずか

通称「グラチャン」。

国際バレーボール連盟が主催する国際大会で、オリンピックイヤーの翌年に日本で開催。

1993年に第1回が開催され、放送は第1回から日本テレビ系列が担当する。

ヨーロッパアジア北中米南米の選手権の優勝チームと、開催国日本、そしてワイルドカードといわれる主催者推薦国が出場し、1回戦総当りで戦う。

 

1993年の第1回開催では、試合方式テストの一環として「時間制ルール*1」の試行大会となり、他の大会で「サイドアウト12点打ち切り制」「30点変則ラリーポイント*2」が試され、最終的に現行の「25点ラリーポイント」が採用される礎を築く存在となった。

 

ルール改正など、オリンピックの出場権がかかる年度にできないことを試される国際大会のひとつ。優勝したからといって特にステータスはなく、オリンピックの出場権も得られない。オリンピック後、チームを作り直す途上の大会だけにチームの完成度はあまり高くないのが実情で「世界最強決定戦」などというのは誇張しすぎの表現といえる。

2009年

*1:現在のラリーポイント制の移行前、セット開始後25分はサイドアウト制、25分経過後はラリーポイント制に移行するシステム

*2:29点までラリーポイント、30点目はサーブ権がないと入らない方式