スマートフォン用の表示で見る

ワイン

ワイン

わいん

ブドウの果汁を発酵させたアルコール飲料を指す。日本の酒税法では「果実酒」に分類される。

世界で最も多くの地域で飲用されているアルコール飲料である。

主要生産国はフランスイタリアスペインアメリカアルゼンチンドイツオーストラリア等で、主に3つの種類に分類される。

赤ワイン

赤や濃い紫、あるいは赤褐色のワイン。黒色のぶどうを潰して、果皮を漬け込んで発酵させると果皮から色素が抽出されて赤色になる。

この時、果実から色だけでなくタンニン分も抽出されるため、赤ワインには渋みがあることが特徴。

飲み頃の温度は、室温15〜18℃で、これはヨーロッパの石造りの室温を示す。日本の夏の暑い日などは、冷蔵庫で30分程冷やした状態が適切である。

白ワイン

白ぶどうとよばれる緑色ぶどうや色の淡いぶどうを使用したワイン。渋みがなく、すっきりした味わいが特徴。

飲み頃は10度前後で、よりさっぱりして酸味のきいたものほど冷やして飲むのが適切である。

ロゼ・ワイン

ピンク色をしたワインで、バラの花の色に例えてロゼ・ワインと呼ぶ。発酵の初期段階まで赤ワイン醸造法と同じように行われ、果皮を漬け込んだ発酵がはじまり、バラ色になったところで果汁を引き抜き、果皮を分離して、果汁を白ワインと同じ方法で発酵させる。

味は比較的さっぱりした白ワインに近い。

特殊な製法のワイン

スパークリング・ワイン

いったん造ったワインに糖分と酵母を加えて2次発酵させて炭酸ガスを閉じ込めたワイン。1次発酵の過程は白ワインと同じである。

製造法はびん内2次発酵法(シャンパン法)や密閉タンク方式(シャルマン法)など地域によって様々である。

酒精強化ワイン

発酵の途中でブランデーなどブドウを原料としたアルコールを添加し、発酵を停止させ糖分を残して甘口にしたワイン

代表的なものはポルトガルポルト酒、そしてマデイラ、スペインシェリーでこれらを合わせて三大強化ワインと呼ぶこともある。

貴腐ワイン

ボトリティス・シネレアという貴腐菌がついた葡萄から作ったワイン。ボトリティス・シネレアは、通常、「灰色カビ病」の原因となる菌であるが、完熟した葡萄に限って、果汁の濃縮効果が得られ、糖分が30%〜40%も含むブドウジュースができ、それを利用して作られる。代表的なものはフランスのソーテルヌ、ドイツのトロッケンベーレンアウスレーゼハンガリーのトカイアスーで、それらを合わせ、世界3大貴腐ワインと呼ぶこともある。

遅摘みワイン

完熟したブドウを収穫せずにそのまま木につけたままにしておくと、乾燥した天候が続くとだんだん干しぶどうの様な状態になる。

この生乾きのブドウから作られたワインを遅摘みワインといい、糖分が凝縮されているため、非常に甘口なワインである。

アイス・ワイン

遅摘みワインをつくっている間に猛烈な寒波がやってくると葡萄が木に付いたまま凍ってしまう事があり、この凍ったブドウから搾った果汁を発酵させたワイン

雑学まとめ

:アルコール飲料

*1シリアエジプトモロッコなどを含む

*2明治10年、勝沼に日本初のワイン醸造会社である大日本葡萄酒会社が設立された。生産が始まったのは明治12年。

ワイン
目次