ワルテル・マッツァーリ

スポーツ

ワルテル・マッツァーリ

わるてるまっつぁーり

Walter Mazzarri

イタリアの元サッカー選手、サッカー指導者。1961年10月1日生まれ。

選手歴

1981-1982
ペスカーラ・カルチョ
1982
カリアリ・カルチョ
1982-1983
ACレッジャーナ
1983
ACフィオレンティーナ
1983-1988
エンポリFC
1988-1989
SSDリカタ
1989-1990
モデナFC
1990-1991
ACノラ
1991-1992
ヴィアレッジョ
1992-1994
アチレアーレ・カルチョ
1994-1995
サッサリ・トレス

指導歴

1998-1999
SSCナポリ コーチ
1999-2000
ボローニャFC コーチ
2000-2001
ボローニャFCユース (以下監督)
2001-2002
ASアチレアーレ
2002-2003
ACピストイエーゼ
2003-2004
ASリヴォルノ・カルチョ
2004-2007
レッジーナ・カルチョ
2007-2009
UCサンプドリア
2009-2013
SSCナポリ
2013-
インテルナツィオナーレ・ミラノ

経歴など

セリエAの中堅以下のクラブの監督を務め、限られた戦力の中、くすぶっていた選手たちの才能を開花させ、好成績を収めている。3バックシステムを採用して守備を固め、サイド攻撃を多用する。

2006-07シーズンにはカルチョ・スキャンダルで勝ち点11減のペナルティを科されたレッジーナを率い、奇跡的な残留を果たした。2009年にSSCナポリの監督に就任、2010-11シーズンはセリエAで3位に入り、ナポリを21年ぶりのUEFAチャンピオンズリーグ出場に導いた。2011-12シーズンは、UEFAチャンピオンズリーググループリーグを突破し、決勝トーナメント1回戦で最終的に優勝したチェルシーFCと対戦、2戦して同点で延長戦に縺れ込む接戦となったが敗れた。一方、同シーズンのコッパ・イタリアでは優勝、監督として初のタイトルを獲得した。


リスト::サッカー選手