ワン・イヤー・ルール

一般

ワン・イヤー・ルール

わんいやーるーる

[英] One year rule

ワン・イヤー・ルール1年基準)とは、財務・会計における基準の一つで、貸借対照表において、決算日(貸借対照表日)の翌日から起算して、1年以内に回収や支払いができるかどうかによって分類する会計上の基準(ルール)をいう。

具体的には、1年以内か1年超かで、資産負債を流動または固定のいずれかに分類することになる。実際の資産負債の区分にあたっては、最初に正常な営業循環(営業サイクル)内にあるかどうかで分類する「正常営業循環基準」を適用し、その後にもう一つの分類基準である「ワン・イヤー・ルール」を適用するという手順になる。