スマートフォン用の表示で見る

ワンマン運転

一般

ワンマン運転

わんまんうんてん

路線バスではおなじみ、貨物列車や地方鉄道でもよく見かける運転取扱。バスや列車に乗務員が1名しか乗務しない(つまり、車掌が常務しない)こと。車掌の仕事は運転士が兼務したり、機械化されている。

従来車内で車掌乗車券の販売を行ってきた路線がワンマン化される場合、整理券や乗車駅証明書を使用するようになるのが一般的である。乗客は乗ったバス停や駅を証明するため、車内の機械で発行される整理券や、無人駅など駅の機械で発行される乗車駅証明書を、乗車時に取得しておく。整理券などを取り忘れた場合、始発バス停や始発駅からの乗車と見なされることがある。始発バス停や始発駅から乗車する際は、整理券の発行が省略されることもある。

最近は都市部の地下鉄大手私鉄の都市部の支線でもワンマン運転を実施するところが増えているが、この場合は駅に券売機と改札機があるので、整理券は使用されない。

なお、列車がワンマン運転を行うときは、車掌の職務である列車防護を運転士が行う必要がある。

そのため、防護無線、EB(緊急停止)装置、TE(緊急列車防護)装置など、運転士が取扱いをしやすいように防護装置を搭載している。